現在位置:

市長の部屋

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年8月16日

ようこそ「市長の部屋」へ

ごあいさつ

福田市長

福田市長のプロフィール

 川崎市長の福田紀彦です。

 この度の「大阪府北部を震源とする地震」並びに「平成30年7月豪雨(西日本豪雨)」によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 日本は地震大国であり、首都圏では今後30年以内に70%の確率で、マグニチュード7クラスの直下地震が発生するのではないかと懸念されています。また、川崎市は、多摩川と鶴見川に挟まれ、北部には丘陵、南部は海に面するなど、多様な自然環境の中に位置していますが、こうした自然環境には必ず災害リスクが潜んでいます。私たちは、地震や風水害等の自然災害のリスクにさらされながら日々の生活を過ごしているのです。

 市民の皆さまにおかれては、自分や大切な家族の命と生活を守るため、過去の災害の教訓を活かし、各種「ハザードマップ」等を活用して自然災害のリスクを理解するとともに、最寄りの避難場所等の確認や十分な量の家庭内備蓄などを行い、平常時から正しく備えておくことが何よりも大切です。

 こうした備えに対応するため、災害時の緊急情報や避難情報などをプッシュ通知で受け取ることができるほか、ハザードマップや最寄りの避難場所の確認もできるツールとして、「かわさき防災アプリ」をぜひ活用してください。

 また、災害に強い地域をつくるには、日頃からご近所の絆を深めておくことがとても重要です。自主防災活動や町内会・自治会活動に積極的に参加し、顔見知りを増やすことも、災害時のスムーズな助け合いにつながるものです。

 この9月1日には、第39回九都県市合同防災訓練の幹事都市として、基幹的広域防災拠点がある川崎区東扇島を中心に本訓練を実施します。訓練では、都市型災害を想定した広域的な応援活動を実施するとともに、市民、企業、市及び防災関係機関等が迅速な初期活動と災害応急対策を確立するため、より実践的な防災訓練を実施し、防災意識の高揚及び地域防災力の強化を図ってまいります。

 これからも市では、防災・減災対策や防災に関するさまざまな情報発信、地域防災力の向上などを全庁一丸となって取り組み、皆さまとともに災害に強いまちづくりを進めてまいりますので、ご理解とご協力を心からお願いします。

川崎市長 福田紀彦

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局秘書部政策調整担当
〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地
電話:044-200-2194
ファクス:044-200-3901
メールアドレス:17seisa@city.kawasaki.jp

スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
Mobile Website
移动网站
移動網站
모바일 웹 사이트
site móvel
sitio web móvil
mobile na website