ヤマユリについて

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2014年4月30日

ヤマユリについて

ヤマユリ

 ヤマユリは百合丘の地名の由来になったと伝えられ、かつては、麻生区のさまざまな地域でも生していましたが、現在はその姿を容易に見ることが困難になってきています。
花の大きさはユリ科の中でも最大級であり、その重みで全体が傾くほどです。開花時期は7~8月頃。花の香りは甘く濃厚でとても強く、豪華で華麗であることから、『ユリの王様』と呼ばれています。
現在、『麻生ヤマユリ植栽普及会』が、「かつてヤマユリの自生地であった麻生の地を、域内のどこでも誰にもその草姿が普通に見られる“百合ヶ丘”として復活再生すること」を目的として、万福寺のおやしろ公園や岡上の梨子ノ木緑地などで植栽活動に取り組んでいます。
同会は毎年7月に麻生区役所ロビーで実物のヤマユリの鉢の展示や写真パネルの展示を行っているほか、11月にはヤマユリの鉢植え講習会を開催しています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 麻生区役所まちづくり推進部企画課

〒215-8570 川崎市麻生区万福寺1丁目5番1号

電話:044-965-5112

ファクス:044-965-5200

メールアドレス:73kikaku@city.kawasaki.jp

スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
Mobile Website
移动网站
移動網站
모바일 웹 사이트
site móvel
sitio web móvil
mobile na website