現在位置:

市立小学校・中学校・特別支援学校の献立表、給食食材の産地、放射能検査結果

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年10月15日

川崎市の学校給食

 川崎市では、小学校・中学校・特別支援学校で学校給食を実施しております。学校の規模や立地条件等により学校間の格差が生じないよう、全市統一の献立が基本となっております。栄養教諭・学校栄養職員が、文部科学省の設定した学校給食摂取基準を目安に、栄養バランスのとれたおいしい献立を作成しております。なお、統一献立に使用する食材につきましては、公益財団法人川崎市学校給食会が同一食材を基本として購入し、各学校へ供給しています。

10月の献立表

学校給食に使用する食材の産地

 学校給食に使用される食材の産地につきましては、公益財団法人川崎市学校給食会のホームページに月単位の一覧が掲載されています。

 

小学校、特別支援学校外部サイトへリンクします

東橘・犬蔵・中野島・はるひ野中学校外部サイトへリンクします

中学校(東橘・犬蔵・中野島・はるひ野中学校を除く)外部サイトへリンクします

 

 

10月の学校給食に使用する食材の放射能検査結果

10月の新献立

ぶた肉と生あげのみそいため

ぶた肉と生あげのみそいため

「ぶた肉と生あげのみそいため」は、新しいこんだてです。

生あげとみそは、どちらも大豆からできる食べ物です。大豆には、体をつくるたんぱくしつや、骨をじょうぶにするカルシウムがたくさんふくまれているので、成長期のみなさんには、とくに食べてもらいたい食べ物のひとつです。

ぶた肉、たまねぎ、にんじんを油でいためてから、生あげを加えて、さとう、しょうゆ、みそ、ピリッとからいとうばんじゃんで味をつけました。ごはんといっしょにいただきましょう。

ブルーベリージャム

ブルーベリージャムは、給食で初めて出る食べ物です。ブルーベリーは、皮がむらさき色をしている、夏においしいくだ物です。

昔、戦争中にブルーベリージャムをよく食べていたイギリス人のパイロットが、暗い夜でも目がよく見えていたと言っていたことから、ブルーベリーを食べると目がよく見えると言われるようになりました。ブルーベリーには、体の調子を整えてくれるえいようがありますが、ジャムにするときにさとうをたくさん使うので、エネルギーになる黄色の食べ物です。

むらさき色がきれいなジャムです。パンにぬって、おいしくいただきましょう。

 

※新献立の説明文と写真は、市内の栄養教諭・学校栄養職員が作成したものです。各学校で工夫して食育の資料として活用しています。

過去の給食

オープンデータ

川崎市立学校におけるアレルギー疾患を有する児童生徒への対応マニュアルについてはこちら

食物アレルギー緊急時対応マニュアルについてはこちら

【お問い合わせ先】

<小学校、特別支援学校の給食に関すること>
川崎市 教育委員会事務局健康給食推進室 学校給食担当
〒212-0004 川崎市川崎区宮本町6番地
電話:044-200-3297
FAX:044-200-2853
E-mail:88kyusyoku@city.kawasaki.jp

<中学校の給食に関すること>
川崎市 教育委員会事務局健康給食推進室 企画・中学校給食担当
〒212-0004 川崎市川崎区宮本町6番地
電話:044-200-2537
FAX:044-200-2853
E-mail:88kyusyoku@city.kawasaki.jp

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
Mobile Website
移动网站
移動網站
모바일 웹 사이트
site móvel
sitio web móvil
mobile na website