ヘイトスピーチ

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年8月14日

ヘイトスピーチ

近年、特定の国籍の外国人などを排斥し、差別を助長する趣旨の、いわゆるヘイトスピーチなど外国人を巡る人権問題について憂慮すべき状況が社会問題化しており、こうした言動は人々に不安感や嫌悪感を与えるだけでなく、人としての尊厳を傷つけたり、差別意識を生じさせることになりかねず許されるものではありません。

平成26(2014)年7月には国連自由権規約委員会から、8月には国連人種差別撤廃委員会からわが国に対して、ヘイトスピーチへの対応や規制を求める内容の勧告が相次いで出されているところです。

こうした中、国会において「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」が成立し、平成28(2016)年6月3日に施行されました。

これまで「多文化共生社会推進指針」を策定し、多文化共生社会の実現に向け、さまざまな施策を進めてきた本市としては、「ヘイトスピーチを許さない」という認識のもと、国と連携して啓発活動を行うなど、誰もが安心して共生できるまちづくりに取り組んでまいります。

ヘイトスピーチの焦点を当てた啓発活動(法務省ホームページ)外部サイトへリンクします

インターネット上のヘイトスピーチ

インターネットを利用して個人の名誉やプライバシーを侵害する被害が増えています。インターネットを悪用した人権侵害については、下記を参照してください。

インターネットを悪用した人権侵害をなくしましょう(法務省ホームページ)外部サイトへリンクします

「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律に基づく『公の施設』利用許可に関するガイドライン」

平成29年11月9日に「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律に基づく『公の施設』利用許可に関するガイドライン」を策定・公表し、平成30年3月31日に施行しました。

いわゆるヘイトスピーチは、一人ひとりの人権が尊重され、共に生きる社会を目指す本市の姿勢と相容れないものです。本市としては、今後も一人ひとりの尊厳を大切にする施策を推進してまいります。

「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律に基づく『公の施設』利用許可に関するガイドライン」

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

市民文化局 人権・男女共同参画室
電話:044-200-2369
ファクス:044-200-3914
メールアドレス:25gaikok@city.kawasaki.jp
住所:〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
Mobile Website
移动网站
移動網站
모바일 웹 사이트
site móvel
sitio web móvil
mobile na website