現在位置:

マイナンバーカード(個人番号カード)の交付・申請について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年10月4日

お知らせ(近くて便利なコンビニ交付を御利用ください)

  • 川崎市内に住民登録のある方で、マイナンバーカードをお持ちの方は、コンビニ店舗内のマルチコピー機等で住民票の写し等の各種証明書が取得できます。平日だけでなく、土曜、日曜、祝日も御利用いただけます
  • 全国の約50,700店舗のコンビニ等で利用することができます。主なコンビニとしては、セブン-イレブン、ローソン、サークルKサンクス、ファミリーマート、セーブオン等があります。

関連記事

  • コンビニ交付のご案内

    マイナンバーカードをお持ちの方は全国のコンビニエンスストアで各種証明書が取得できます。

マイナンバーカードの概要

  • 平成28(2016)年1月から希望する方に対して、マイナンバーカードを交付しています
  • マイナンバーカードには、e-Tax等の電子申請が行える電子証明書が標準搭載されます。
  • マイナンバーカードを使って住民票の写しなどの各種証明書を全国のコンビニエンスストアのマルチコピー機等で取得できます。
  • マイナンバーカードの初回交付手数料は無料です。
個人番号カード表面イメージ

(マイナンバーカード表面イメージ)

個人番号カード裏面イメージ

(マイナンバーカード裏面イメージ)

留意事項

  • マイナンバーカードは、全国の市区町村分を地方公共団体情報システム機構が一括して作成しているため、マイナンバーカードの即日交付はできません
  • このため、マイナンバーカードは交付までに概ね3~4週間かかります。余裕を持ったお手続きをお願いいたします。
  • マイナンバーカードの交付及び申請は、住所地の区役所又は支所となります。
  • マイナンバーカードが作成され、交付が可能となった方へは、順次ハガキ(個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書)で御案内しています。
  • 出張所及び行政サービスコーナーでの交付及び申請はできませんのであらかじめ御承知おきください。
  • マイナンバーカードの受取る際には、通知カード(紙製のカード)を回収させていただきます。

郵送での交付申請について

  1. 通知カードに同封されている「個人番号カード交付申請書」に、写真を貼り付け、必要事項を御記入等のうえ、返信用封筒で地方公共団体情報システム機構(J-LIS)に郵送してください。
  2. 返信用封筒の差出有効期間が平成29年10月4日となっている場合でも、平成31年5月31日まで切手を貼らずに、そのまま使うことができます
  3. 申請手続き後、交付の準備ができましたら、住所地の区役所又は支所から「個人番号カード交付通知書」が郵送されます。
  4. 個人番号カード交付通知書、通知カード、本人確認書類をお持ちのうえ、住所地の区役所又は支所でマイナンバーカードの交付を受けてください。
クリックすると画像が拡大されます。

代理人によるマイナンバーカードの受け取りを希望する方へ

マイナンバーカードは原則申請者本人に交付しますが、以下の理由により本人が来庁できない場合に限り代理人に交付することができます。

•病気、身体の障害等により交付申請者の来庁が困難であると認められるとき

または

•長期(国内外)出張者、長期に航行する船員その他交付申請者の仕事の内容や勤務場所、勤務形態の客観的状況に照らして「交付申請者の出頭が困難であると認められるとき」に該当すると市町村長が判断する場合

基本的には、病気・身体の障害がある方や、長期出張者や長期に航行する船員で一時的にも帰省が全くできない方で、市役所に本人が来庁できない場合になります

仕事が忙しいといった理由では代理人への交付はできないようになっております

カード受取に必要なもの

・申請者本人の交付通知書(はがき)

・委任状(交付通知書(はがき)の委任状欄に記入することでも足ります)

・申請者本人の受け取りが困難であることを証明する書類

 診断書、本人の障害者手帳、施設に入所している事実を証明する書類、会社からの長期出張していること・長期に渡航していることを証明する書類など

・申請者の通知カード

・申請者の住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

・本人確認書類(代理人の方が来庁する場合は、申請者本人と代理人それぞれの本人確認書類が必要になります

  • 申請者本人-Aを2点/ ABを1点ずつ/ Bを3点(顔写真付きを1点以上)
  • 代理人-Aを2点/ ABを1点ずつ
本人確認書類一覧
A 運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のもの)、パスポート(旅券)、身体障害者手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書のうち1点
 B 海技免状、電気工事士免状、無線従事者免許証、動力車操縦者運転免許証、運航管理者技能検定合格証明書、猟銃・空気銃所持許可証、特種電気工事資格者認定証、認定電気工事従事者認定証、耐空検査員の証、航空従事者技能証明書、宅地建物取引士証、船員手帳、戦傷病者手帳、教習資格認定証、検定合格証、官公署の職員証、地方公共団体が交付する敬老手帳、生活保護被保護証明、健康保険被保険者証、介護保険被保険者証、医療受給者証、各種年金証書、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、住民名義の預金通帳、民間企業の社員証、学生証又は学校名が記載された各種書類等のうち2点

パソコンやスマートフォン、まちなかの証明用写真機での交付申請について

  • パソコンやスマートフォン、まちなかの証明用写真機からもマイナンバーカードの交付申請ができます。申請方法の詳細等については次のリンク先ページにて御確認ください。

関連記事

  1. 申請手続き後、交付の準備ができましたら、住所地の区役所又は支所からハガキ(個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書)が郵送されます。
  2. ハガキ(個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書)、通知カード、本人確認書類をお持ちのうえ、住所地の区役所又は支所でマイナンバーカードの交付を受けてください。

区役所・支所での交付申請について

個人番号カード申請書に記入漏れがなく、顔写真が貼ってあることを確認し、次のものを持参して、住所地を管轄する区役所・支所の窓口までお越しください(詳細については区役所・支所の窓口へお問合せください)。
・通知カード
・個人番号カード交付申請書
・印章(スタンプ印、ゴム印は使用できません)
・運転免許証など顔写真付きの官公署発行の本人確認書類
・上記の顔写真付き証明書に加え、健康保険証・年金手帳・高齢受給者証・医療機関の診察券などの本人確認書類
・住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
交付申請を窓口で行う際に本人確認と暗証番号の申出を行うことで、マイナンバーカードを本人限定受取郵便で受け取ることができます。

区役所・支所の窓口で交付申請の受付を行っています
住所申請場所
川崎区役所川崎区東田町82階区民課
大師支所川崎区東門前2-1-11階区民センター
田島支所川崎区鋼管通2-3-71階区民センター
幸区役所幸区戸手本町1-11-11階区民課
中原区役所中原区小杉町3-2451階区民課
高津区役所高津区下作延2-8-11階区民課
宮前区役所宮前区宮前平2-20-52階区民課
多摩区役所多摩区登戸1775-11階区民課
麻生区役所麻生区万福寺1-5-12階区民課

マイナンバーカードの有効期限等

  • 発行日から申請者の10回目の誕生日まで有効となります。
  • ただし、20歳未満の方は容姿の変化が大きいため、申請者の5回目の誕生日まで有効となります。
  • カードのICチップに内蔵される電子証明書は、発行日から5回目の誕生日まで有効となります。

注意事項等

個人番号カード交付申請書を紛失等した場合

住所地の区役所又は支所で「個人番号カード交付申請書」の再発行を申請していただくか、以下より様式をダウンロードしてご利用ください。

個人番号カード交付申請書(手書用)

住民基本台帳カードとマイナンバーカードの重複所持はできません

住民基本台帳カードをお持ちの方は、マイナンバーカード交付・申請の際に、通知カードとあわせて住民基本台帳カードも回収となります。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
スマートフォンサイトへ
Mobile Website
移动网站
移動網站
모바일 웹 사이트
site móvel
sitio web móvil
mobile na website